トップページ > きままにーあれ?これ?







<<前の月     2011.03     次の月>>



 


『  みくにがきますように―しゅのいのり  』
(ターシャ・テューダー え 日本キリスト教団出版局)
※表紙写真掲載にあたっては版元の許諾を受けております

しゅのいのり とは、イエス様が「祈る時はこう祈りなさい」と弟子達に教えた祈りだそうです。
その祈りを、ターシャ・テューダーが絵にしました。
美しい絵本になりましたが、ただ、「あくより すくいいだしたまえ」 のページだけは、ターシャーには珍しく怖い絵になっています。
遠く、戦火や災害に苦しんでいるところにも、みくにが きますように・・・。

  2011年3月18日 金曜日

 
今日は、今年度最後の登園日。昨日年長さんが卒園して、ちょっぴり寂しくなった幼稚園ですが、在園児のみんなは進級に胸ふくらんでいる様子です。
自由遊び一つとってみても、子どもたちの成長が分かります。4月は幼稚園に行くことで精一杯だった年少さん。今はお友達を誘って、楽しく遊ぶことができるようになりました。
春からお兄さん、お姉さんになるのが嬉しいみたいで、今から張り切っていますよ。大きくなったみんなを見て嬉しい半分、クラスが終わる寂しさ半分、の私です。(Marilyn)
 
 



  2011年3月17日 木曜日

日あっという間にこの日がやって来ました。卒園式です。つばめ組で過ごした1年間で沢山の思い出が出来ました。いつものように登園してきた子ども達ですが、これが最後の登園。みんなで過ごした1年間を思い起こすと、明日からもまだ一緒に遊べそうな気がしてしまいました…でも卒園式での子ども達の姿をみると「大きくなったな。卒園なんだな。」と子ども達の成長を感じずにはいられませんでした。明日は空っぽのつばめ組。担任としては寂しさいっぱいになりそうですが、今までの思い出を大切に立派な1年生になった子ども達の姿を喜び、これからも応援し続けたいと思います。ランドセル姿に会えるのを楽しみにしています!(パーチク)

“卒園式”と分かっていてもまだまだ会えるような、なんだか実感の湧かないまま当日を迎えました。卒園式で卒園証書をもらっている姿を見ると、心も身体も1人ひとり本当にたくましく大きく成長したなと胸がいっぱいになりました。輝く笑顔のやさしい年長の子ども達と過ごした日々、たくさんの喜びと幸せをもらいました。1年生になってものびのびと力を発揮して輝いてくれることでしょう。明日から会えないのはとてもとても寂しいですが、大きくなることへの期待を胸に巣立っていった子ども達を、これからもずーーーーっと応援しています。いつでも顔を見せにきて下さいね♪(Chaki)
 



  2011年3月16日 水曜日

 
あひる組での日々も残す所、卒園式を除き、あと1日となりました。進級当初は初めてのクラス替え、新しいお友達、担任との出会いにドキドキしていたことでしょう。でも、少しずつあひる組の一員としての意識も芽生え、楽しく過ごすことが出来るようになりました。元気で明るい子ども達で、ゲームをするといつもとても盛り上がり本当に楽しいクラスでした。お友達との関わりも増え、お友達と一緒に笑ったり泣いたりして色々な経験をして本当に心も体も大きくなりました。豆まきの時には作戦をみんなで考えてはいたものの、いざ鬼が来ると…みんなが団子のように固まって泣き叫んでいました…!1つ1つが本当に大切な思い出です。
子ども達は年長になるのをとても楽しみにしています。きっとこれからも一人一人がしっかりと成長していってくれると思います。これからも大好きなあひる組の子ども達の成長を見守っています!どんなお兄さん、お姉さんになってくれるのか楽しみです!!(ぴーちく)
ドキドキした顔でかもめ組に入って来ていた四月。今では元気に「おはよ〜」と笑顔で入って来て、すぐにお友達と遊び出しています。この一年間で、みんながそれぞれ大きくなりました。最近子ども達が遊んでいる姿を見たり、一緒に話をしていると、一人ひとりこの子はこういう所が成長したな〜と感じます。顔つきもすっかりお兄さんお姉さんになりました。日々の保育でも成長を感じますが、行事を通してみると改めて成長を感じることが多かったです。年中でしか出来ないことや感じられないことを思いっきりしてもらいたくて、子ども達と楽しんできた一年でした。かもめ組のみんなは、とっても元気で素直さと優しさも持っています。その素敵な力に私は何度も助けられました!!
四月からはシオンで一番のお兄さんお姉さんです。みんななら、きっと素敵な年長さんになってくれると思います。大好きなかもめ組のみんなをこれからも応援していきたいと思います♪(Monroe)
 
 



  2011年3月15日 火曜日

日を追うごとに、悲惨な状況が目に飛び込んできます。
自然の持つエネルギーは、私たちの想像を遙かに超えるものなのですね。なすすべもなくテレビを見つめる日々ですが、全日本私立幼稚園連合会から義捐金のお願いがまいりました。
また皆様にもお願いしようと思います。出来る事から始めましょう。

三月生まれの子ども達のお誕生日会を11日金曜日にしました。一年間、お友だちをお祝いしながら、待ちに待っていたこの日です。
今年もまた、広島市立大学吹奏楽部のお兄さん、お姉さんが来て下さいました。演奏に合わせて歌ったり、じっと聞き入ったり、楽しい時間を持ちました。
平穏な幸せに感謝です。( E r i )
 



  2011年3月14日 月曜日

 
今日からもう11降園。お弁当も先週で最後でした。年長さんにとっては幼稚園最後のお弁当。机をくっつけみんなで一緒に食べました。
お弁当を取り出すと「あっ!お手紙が入ってる♪」と大喜びの声が。「お弁当最後だからだ!!」と、嬉しそうな顔でじっくりと読んでいました。周りの子達も「見てもいい?」とちゃんとお友達に確認してから見せてもらっていましたよ。お弁当を食べ終わった後、毎日お弁当を作ってくれたお母さんにお礼のお手紙をこっそりと書いている子もいました。残さずきれいに食べれることは子ども達にとっても嬉しいことですが、お母さん達にとっても嬉しいことですよね。
子ども達のことを考え愛情のいっぱい詰まったお弁当。毎日作るのは大変だと思いますが、子ども達は「このおかずおいしいんよ♪」なんて話もしながら、いつも楽しくおいしく食べていましたよ。(Chaki)
 
 



  2011年3月11日 金曜日

ひよこ組では今日、つばめ組のマネをして「ももたろう」ごっこが始まりました。
「つばめさんは、こんな風にして洗濯するやつを作ってた!」とか「あの桃どうやって作ってあったんじゃろう?つばめさんに見に行ってみようや」
と一生懸命研究して真似して作ろうとしているところがとっても可愛かったですよ!
しかし、さすが年少!劇を真似してやっているはずが役になりきりすぎて途中で動物ごっこになっていました。(笑)
年長さんと遊べるのも残りわずか・・・。たくさん遊んでもらおうと思います。
(写真は、キジのマネをして羽根をつけているところと、洗濯板をマネして作りおばあさん役の人が洗濯しているところです)(Y4)
 



  2011年3月10日 木曜日

 
今日は年長さんとのお別れ会をしました。年少さんと年中さんから一クラスずつ歌とメッセージのプレゼントをしました。年長さんのために一生懸命歌ったり、メッセージも覚えてくれました。年長さんもシオン一番のお兄さんお姉さんらしく、下の子達のプレゼントを優しい笑顔でしっかり受け止めてくれました。
年中さんからは、もう一つメダルのプレゼントがありました。「年長さん達を驚かすために内緒だよ〜」とみんなで約束をして作り始めました。作っている最中も年長さんが保育室に来ると「先生隠して!!見つかっちゃう」と言ったり、作ったメダルも乾かすために取っ手に掛けていると、見つかってしまうから「布で隠して〜」と、あの手この手で必死に隠していました。ちょっとでも布からはみ出ていると怒られるほどでした…。メッセージも、保育室で練習する時は隣のクラスの年長さんに聞こえてしまうので静か〜な声で言っていました。
今日のお別れ会でも渡す直前まで見つかってはいけないと、体操座りをした足下に隠したり、おしりの下に入れてみたりと、可愛い努力が見られました。その甲斐あってか、年長さんはもらったメダルを友達と見せ合いっこしながら喜んでくれました。でも実は、必死で隠していた年中さんですが後ろを振り向くとバッチリ見られてしっまていました。しかし年長さんは気づいてても見ないふり気づかないふり。そんな優しさに、やっぱりシオンのお兄さんお姉さんだな〜と思いました。卒園までもう少し、みんなのお兄さんお姉さんをして下さいね♪(Monroe)
 
 



  2011年3月9日 水曜日

今日の合同礼拝の後に、かもめ組がやった舞踊劇「そんごくう」を他のクラスのみんなにも見てもらいました。おひなまつり会の日に残念ながら欠席だった子も、今日みんなで一緒に劇が出来てとても嬉しそうでした。
おひなまつり会当日、欠席していたS君は登園してきてすぐに「今日そんごくうするんだよね?みんなも見るんよね?」と嬉しそうに聞いてきました。S君は普段は積極的にそういう事を口にするタイプではないので、みんなで劇をすることや見てもらうことを楽しみにしているのが伝わってきて、私も嬉しかったです。
しかし今日は欠席の子がいたので、そんごくう役の子が二人だけでした。その二人は、欠席の子がいることを知ると「えー!!どうするん?緊張するわ〜」とドキドキの様子でした。そして舞台の上でも「恥ずかしい…」とつい言ってしまう場面もありました。でも終わった後は「楽しかった〜」と緊張も解け笑顔になっていました。保育室に帰りながら「見てくれてありがと♪」と年長さんにお礼を言っている姿が可愛かったです。(Monroe)
※写真は2月の予行練習時のものです
 



  2011年3月8日 火曜日

 
今日は、おひなまつり会でした年長さんと年中さんの劇をみんなで見せ合いました。予行練習の時に、同じ学年の劇しか見ることが出来なかったので、みんなとても楽しみにしていました。年少さんは初めて見る劇に釘付け。あひる組では、「今日、ホールで劇をして、みんなに見せてあげようね〜!」と言うと、子ども達は嬉しくて、ホールに行く前にも、「先生、CDかけて〜!」と言ってみんなで舞踊劇をしていました。お客さんに見てもらえて本当に楽しかったようです!!
年長さんの劇には、色々な工夫が沢山あって年中少さんはとても影響を受けていました。劇が終わってから、「ももたろう」の劇を再現!きじの羽根や鬼の金棒を作って劇遊びをしていました。子ども達は1つ1つよく見ていて「年長さんは劇の中で作戦を立てる時にこういう風にしよったじゃん〜!」と色々話合いながらしていました。明日は、かもめ組の舞踊劇を見させてもらいます。楽しみです!(ぴーちく)
 
 



  2011年3月7日 月曜日

子今日は近くの公園にお別れピクニックに行きました。前日までお天気が心配だったのですが、みんなの想いが届き暑いくらいでした。
「今度は丸太しよ!」「じゃあ次はブランコね♪」と、広い公園を上へ下へと走り回って遊ぶ子ども達はとっても活き活きしていました。年少さんも子ども同士で約束をしっかり守って遊んでいましたよ。年長・年中・年少に関係なく誘い合って一緒に色々な遊びを楽しんでいました。

年少さんを壁側にし自分達が道路側に変わったりと、いつも優しく声をかけ手を繋いで歩いた年長さん。でも今日でそれもおしまい。帰りからはバトンタッチ、年中さんが年少さんの手をしっかり繋いで帰ってくれました。
進級・卒園とみんな1つ大きくなっていくのですね。思う存分友達と遊び、大満足なお別れピクニックでした。(Chaki)
 



  2011年3月4日 金曜日

 
「昨日はお疲れ様」と登園してきた子どもたちに声をかけると、みんな少し照れた笑顔を見せてくれました。
付き添いのお母さん達は口々に「感動しました」「大きくなりましたね」「みんな輝いていましたね」感想を聞かせて下さいました。
まだもうしばらく劇遊びは続くことでしょう。
でも進級する準備もしなければいけません。お休みが多かったりしてままならなかった、クラス分けのクラス交流二回目を年少も年中も今日しました。
ゲームをしたりお弁当を食べたりして子どもたちの様子をみます。お当番さんも合同です。片方のグループは今日当番の人が7人も集まったとかで、テーブルふきの追加を職員室に取りに来ていましたよ。
子どもたちのいろいろな姿を見て、新しいクラスを考えていきたいと思います。( E r i )
 
 



  2011年3月3日 木曜日

子どもたちがちょっぴりドキドキ、でもとっても楽しみにしていたおひなまつり会の日でした。それぞれの学年で楽しんでいる子どもたちが印象的でした。年長さんにとっては最後のおひなまつり会。2年間でお客さんに見てもらう嬉しさも知っていた子どもたちは楽しみで仕方なかったようです。今までお部屋で楽しんで来た事をステージの上でも精一杯楽しんでくれました。衣装を着て小道具を持ってスタンバイすると「ドキドキしてきたー!」と言う声が…でも終わってみると「楽しかったー!!」と満面の笑みでした!台本作りからダンス作り、小道具作りと日々進化していった劇遊び。これが終わると卒園式の文字が近づくので「終わったんだなぁ」とちょっぴり寂しくなりますが、素敵なステージを見せてくれて感動した1日でした。(パーチク)
 



  2011年3月2日 水曜日

 
明日はいよいよおひなまつり会です。
学級閉鎖をしたクラスも、なんとか復帰。体調が戻らず、数名お休みが確定している事は本当に残念です。
午後から、玄関にあったおひな様を移動したり、ステージをセットしたりと明日の準備をします。
これまでも、子ども達が作る台詞を台本にしたり、ピアノを録音したり、楽器や衣装の確認など、毎日毎日遅くまで準備をしてきました。
中でも大変な準備はプログラム作りでしょうか?
ご存じのようにプログラムの表紙は教職員の手作りで、内裏様の年、三人官女の年、五人ばやしの年と決め、三年間でおひな様になるようにしています。
今年は五人ばやしの年。ひよこの五人ばやしにしましたが、200枚ほどプログラムを作るので、ひよこの数は200×5で1000匹以上!
一月からせっせと作り始めました。なんだかひよこの夢を見そうな、目の前が真っ黄色になるような毎日でした。
でも出来上がった物をみるとやはり嬉しくなります。気に入っていただけましたか?
子どもたちも、先生たちも頑張っておひなまつり会を創り上げていきます。
明日お休みの子どもたちへ、時にはどうにもならない事も起こります。『諦める』ことも大切な学びです。早く元気になって下さい。( E r i )
 
 



  2011年3月1日 火曜日

先日のおひなまつり会予行練習で、年長が鍵盤ハーモニカを演奏しているのがとても印象的だったようで、今日のひよこ組は「鍵盤ハーモニカ作り」が流行しました。
「立ってする時は、ここに手を入れとった!」とか「吹かない時は、口の所をここにつけとった!」など言いながら、鍵盤ハーモニカを作り、年長の真似をして演奏していたので、とってもかわいくて、年長の子にお客さんになってもらいました。
年長の子も自分達の真似をしてくれて嬉しかったのでしょう!本当の鍵盤ハーモニカで一緒に演奏してくれたり、鍵盤ハーモニカを見せてくれたりして「年長さんになったら、本当のができるからね!」と優しく言ってくれてちょっぴり誇らしそうにもみえました。
また、間近で年長の演奏を見てから、「本当の鍵盤ハーモニカはこんな色だった」とか「ホースがついてない吹くのがあった!」と鍵盤ハーモニカが改良されました!!
先輩の姿が素敵だから真似したい!後輩に良いところを見せたい!こうした異年齢との交流での刺激が素敵だなと思います。(Y4)