トップページ > きままにーあれ?これ?







<<前の月     2010.02     次の月>>



 


『 ないた あかおに 』
(浜田 廣介=文 池田 龍雄=絵 偕成社)
※表紙写真掲載にあたっては出版社の許諾を受けております

節分のお話ではありませんが、やはりこの時期になると読んであげたくなるお話です。
あおおに、あかおに、両方の優しさが愛おしいです。
こんな鬼たちなら、節分に豆がまけなくなりますね。

  2010年2月26日 金曜日

 
つばめ組はおひな祭り会で「かちかちやま」をします。
子ども達は来週が本番だというのに、未だ大道具づくりに必死です。
写真はたぬきが背負うしばを作りました。
うさぎが、そのしばに火を付けてたぬきをこらしめます。うさぎが火を付けたら火がつくようにしたいな〜とみんなで考え、これは仕掛けを作っているところです。
ひもを引っ張ると中から火が出てくる仕組みです。「しっかり隠さないと火が見えるよ!」「もっと火を小さくしてしっかり火を隠そうや」と一所懸命です。
道具のしかけが細かくて、作るのに時間がかかりまだ劇に登場していないのが担任は心配ですが、心配しているのは担任だけなようです・・・。
まだ道具も増えていて当日どうなるのか分かりませんが、子ども達の楽しんでいるようすを見ていただけたら嬉しいです。(Y4)
 
 



  2010年2月25日 木曜日

先日に引き続き午前の部の予行練習!今回も感動を頂きました。
どのクラスも大道具や小道具を作っているのですが、中でもひばり組の道具は数も大きさも飛び抜けていたように思います。
ひばり組は「さるかに」。今日はその全てを見せてもらったのですが、柿の種が成長していくところ等 子ども達の工夫がたくさん詰まっていました。
なんといっても今年初登場したのは、効果音の楽器。これも子ども達のアイデアです。どの音がいいか、いろいろ試してみたようですよ。かにの家にやって来たさるを、蜂やうすがこらしめるところに、楽器の音を挿入♪楽器担当の子が舞台下から今か今かと待っている姿がとても可愛かったです。
タイミングは…バッチリでした。
あひる組の合奏は一人二役。途中ベルに持ち替えたり…がありましたが、見事でした。真剣な表情が可愛かったです。
予行練習2日を終え、同学年同士 良い刺激を受けたようです。本番までにまた変化があるのでしょうか!?(Y長)
 



  2010年2月24日 水曜日

 
今週は、9月に実習に来たJ大学の学生さんたちが二度目の実習に来ています。
今日はそれぞれのクラスで部分実習をしました。このクラスは外に出てわらべうた遊びのようです。どの学生さんも子ども達の生の反応にドキドキしながらの実習だったようです。もう二日間、しっかり遊んで、しっかり学んでくださいね。
月曜日は近くのグループホームみどりの家のおじいちゃん、おばあちゃんがどんぐりのお土産を持って遊びに来て下さいました。行事を見に来て下さったり、お散歩の途中に時折寄ってくださいます。
おひなまつり会も見に来て下さいね。お客様の多い一週間です。( E r i )
 
 



  2010年2月23日 火曜日

つばめ組の保育室をのぞいて見ると、劇で流す歌を作曲中。小道具作りも進行中…。まだ予行練習なのですから完成していないのは当然!!…とは分かっていながら、子ども以上にドキドキしているのは担任です。
そんな担任の気持ちとは反対に、子ども達は着物や衣装を着られるので朝からウッキウキ♪ 特に年少さんは初舞台なので、着物を着た時の顔はとびきりでした。
かもめ組は「金のがちょう」。まだまだ、恥ずかしくて動きが小さかったところもありましたが、自分たちで作ってるんだな〜と分かるおもしろい動きがあったり、観客の子ども達には好評でしたよ。金のがちょうが、木の中から現れるところは工夫してありました。
つばめ組は「かちかちやま」。台本もまだまだ日々付け足されているようです。おむすびを仕掛ける罠や、もちつきの餅がのびる表現の仕方など、子ども達の発想に楽しませてもらいました。何よりも演じている子ども達が一番楽しそうでしたよ。
長丁場となりましたが最後に歌を聴かせてくれたつばめ組、さすが年長さん!立派な歌声でした。大きくなったな〜と、胸が熱くなりました。
創り上げていく過程を楽しんでいるシオンっ子、本番が楽しみです。(Y長)
 



  2010年2月22日 月曜日

 
「先生、テープかけて!」 自由遊びの時間、何人かが集まっておひなさまごっこが始まりました。配役が決まり、踊りにもさらに熱が入ってきたひよこ組さん。
先日、日本人形役の女の子は、丈を見るのも兼ねて着物の試着をしました。袖をひらひらさせて嬉しそうなNちゃんに、周りのお友達も「かわいい!」と大絶賛。本番がますます楽しみになってきたようです。
今日はおひなさまや五人ばやしなど、その他の衣装も子ども達に見せました。「いつ着るの?」と待ちきれないようでしたよ。KくんやHちゃんは、折り紙で笛を作って五人ばやしを踊っていました。
今週は予行練習があり、どんな表情を見せてくれるか楽しみです。(Marilyn)
 
 



  2010年2月19日 金曜日

今年度のバザー委員さんたちが、今後のシオン祭(バザー)のことをいろいろと考えて新しい試みをして下さっています。
「手作り作品を随時集めること」や「手作り講習会を開いて、作り方を習いながら、手作り作品をストックしていくこと」などです。
「随時集める」の方は、もう職員室の方にお弁当袋やポーチが届きました。「講習会」の方は、『スイーツのストラップ』の講習会を16日と本日行って下さいました。
ちょっとのぞいて見ると、みなさん真剣に小さな小さなパーツをチクチクと針で縫っていらっしゃいました。三月はまた別の物を計画して下さっています。
少しずつ、一歩ずつ手作り品が集まっていくといいですね。( E r i )
 



  2010年2月18日 木曜日

 
おひな祭り会に向けて、それぞれのクラスで盛り上がっています。あひる組でも、舞踊劇で使う小道具を作ったり踊りを踊ったりと楽しみながらみんなで創り上げてきています。
舞踊劇の最初に、お話には出てこない場面も「こういう風にしたい!!」と子ども達で話を考えてやることにしました。そこで登場するのが、あひるの巣です。あひるの赤ちゃんと、みにくいあひるのこが産まれてくる場面をしたい!と巣作りが始まりました。絵本を見ながら巣がどういう風になっているのか研究して「中は、ふわふわしてるよ〜。巣の色って茶色みたいな色だよ〜」と意見を出し合っていました。一番もめたのが巣の中の小枝に見立てた物の色です。絵の具でなかなか納得がいく色ができず試行錯誤しながら頑張っていました。途中で色作りに参加したKくんが作った色が女の子達のイメージとは違い大ブーイング…なんて事もありましたが、素敵な巣が出来上がりました。
他にもお面や背景なども作っています。あひる組らしさ満点の劇ができるといいな〜と思います。当日は、ぜひ最初に登場する巣にも注目して下さい♪(Monroe)
 
 



  2010年2月17日 水曜日

年長組には、積み木の種類が豊富です。
子ども達は、積み木を大人が考えつかないようなおもしろい組み合わせや組み方をして遊んでいます。
写真は、レンガ積み木とドミノと動物積み木を組み合わせて「動物園」を作っています。
それぞれに細かく考えて作っているようで、「ペンギンショーで今からペンギンが飛び込む所」とか「ここの馬にはえさがあげられるよ」とか「シロクマが頑張って氷の山を登ってるところ」など、楽しそうです。
片づけるのが惜しかったようですよ!!
他にも、スカリーノ(ビー玉を転がせる道を考えながら組む積み木)とレンガ積み木を組み合わせておもしろいものを作っています。
集中して作っているので、30分くらいは平気で積み木に向かい合っています。
今度はどんなおもしろい組み合わせを見せてくれるのか楽しみです。(Y4)
 



  2010年2月16日 火曜日

 
年少組はおひなさまごっこが盛り上がっています。役も決まり、自由遊びの時間も「曲かけて!」と張り切って踊っています。そして、今日は日本人形役の子ども達の着物合わせをしました。とってもきれいな色と模様の着物に子ども達はウキウキ!ちょっぴり緊張しながら着せてもらうと周りから「かわい過ぎる〜!」と最高のほめ言葉が聞こえてきました。他の役の子からは「私のもある?!」と自分の衣装を気にする声が。素敵なのがあることを伝えると満面の笑みで「早く着たいなぁ〜」とつぶやいていました。そして今日は、実際に手に持つ小道具も子ども達に紹介しました。本番が益々楽しみになった子ども達です。(パーチク)
 
 



  2010年2月15日 月曜日

年中長の部屋ではおひな祭り会の劇で使う小道具作りの真っ最中。「何を使って作る?」「ここを布でしてみたらどう?」とみんなで頭をつきあわせて、あーでもないこーでもないと試行錯誤をしながら作っています。小道具作りもそれぞれに好き好きがあり、「俺は絵の具チームになろっと♪」と絵の具をしているところを渡り歩く絵の具職人、「困ってたら手伝おうか?」と困っているところを見つけては手伝う子、作っている姿にもその子らしさが垣間見られていますよ。
1年の友だちとの関わりの中で、友だちの意見も聞きながらみんなで力を合わせて、ということもすっかり上手になりました。子ども達の発想で、これがこう発展するなんて!!と驚かされることもしばしば。どんな劇ができあがっていくのでしょうか。まだまだ小道具作りは盛り上がっていきそうです。(Chaki)
 



  2010年2月12日 金曜日

 
なんとなくお天気がはっきりしない毎日です。「春の雨 一雨ごとの暖かさかな」といい言いますから暖かくなるしるしなのでしょう。
「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」とも・・・。園庭の梅は今こんな感じです。梅ジュースを作る大事な梅もかなりの老木なので、保護者のご実家から梅の木をいただくことになりました。月曜日に届く予定なので楽しみです。

一昨日の保育後、ちょっとしたお祝いのティーパーティーをしました。ひばり組担任のTが広島県私立幼稚園連盟から勤続5年の表彰を受けたのです。女性の社会進出が当たり前の時代に、5年勤続なんてたいしたことないのかもしれませんが、やはり一つのことを続けるのは素敵なことです。サプライズのケーキ登場に驚くT、勤続年数をもっともっと更新して欲しいです。( E r i )
 
 



  2010年2月10日 水曜日

昨日、おひな祭り会でする舞踊劇の台本を子ども達に配りました。みんな自分の担当する台詞や歌を嬉しそうに見ていました。お友達と楽しそうに話をしながら台本に名前を書いたり、絵を描いたりしていました。園で台本を常に持って遊びに出掛けている子どももいますよ。嬉しかったのでしょうね。
小道具作りも少しずつしています。かもめ組では、少し首の長い金のがちょうを制作中です。みんなで話をしながら楽しく作っています。(ぴーちく)
 



  2010年2月9日 火曜日

 
春の声を聞くと、年長さんは少しずつ卒園に向けての準備をはじめます。進学小学校を確認したり、卒園証書に書く名前の漢字を確認するなど事務的な細かい準備もあるのですが、今日は卒園アルバムのグループ写真を撮りました。
それぞれのグループが自分たちで撮りたい場所を決めます。なかなか注文が多いので、カメラマンさんは木の枝を上手に避けたり、生け垣の植え込みの中に入ったりして苦労の撮影になりました。
みんなの注文をちゃんと聞いて下さって、鉄棒の所、滑り台の所、ベンチの所といろいろ回ってくださる優しいカメラマンさん。大きくなったらなりたい仕事の中に『幼稚園のカメラマン』が出てくるのも当然ですね。( E r i )
 
 



  2010年2月8日 月曜日

職員室でのランチ会は順調に続いています。その様子はまた『ひみつのとびら』でご紹介しようと思います。
職員室に来ることを年長さんたちは、とても楽しみにしているようですが職員室は特別な場所ではありません。
今日も年中のKくんが「一緒に遊んでいた友だちが積み木を片づけない」と園長に訴えに来ました。担任のTには別の仲間が訴えているらしいですが、園長にも報告がしたかったのでしょう。
年長のWちゃんは、お着替えがなくて職員室に借りに来ました。おしゃれなWちゃんは気に入ったスカートがなくてご不満のようでしたが、背に腹は代えられません。やっと決めたズボンを履き「似合う?」と一言。「可愛いよ」と我々に言われて納得して帰って行きました。
お店やさんが行商に来てくれたり、コンサートやレストランのお誘いが来たり、千客万来の職員室です。( E r i )
 



  2010年2月5日 金曜日

 
「先生、おひな様がおったよ!」今日から玄関に飾っているおひな様。登園してくる子どもたちが次々に教えてくれました。
まだまだ寒い日が続きますが、もう立春。3月3日のおひなまつり会には、年少さんが代々、おひな様やおだいり様、三人官女たちになって、お遊戯をしています。今週、子どもたちに話をして、少しずつおひな様ごっこが始まりました。
「あかりをつけましょ、ぼんぼりに〜♪」「先生、ぼんぼりって何?」…ということで、早速みんなで玄関に見に行きました。きれいな着物や道具達を見て、うっとりするNちゃん。「早くやりたいね!」
ちょっぴりやる気もUPしたようで、これからますますおひな様ごっこが盛り上がりそうです。(Marilyn)
 
 



  2010年2月4日 木曜日

立春の今日は、春などほど遠い寒い寒い一日でした。でも職員室の中はほんわか暖か!!
今日から年長さんの職員室ランチ会が始まりました。先生たちが仕事をする机で職員室組の先生たちと一緒にお弁当を食べるのです。
「年少の時は何組だった?」「おにいちゃんが来ている時は、まだ赤ちゃんだったのよ」と思い出話をしながらお弁当を食べた後は、先生たちとなぞなぞやクイズをします。
今年からM先生も職員室組の仲間入り、去年までなかったM先生のトランプ手品が加わって盛りだくさんなランチ会となりました。明日は誰が来てくれるかな・・・?
しばらくこの楽しみが続きます。( E r i )
 



  2010年2月3日 水曜日

 
今日は2月3日、節分です。子ども達もお面を作ったり豆入れを作ったりと、鬼退治の準備万端。朝から「いつ鬼が来るんかね?」「今来たらどうする??」とドキドキしながら過ごしていました。
いよいよ鬼の登場です。「鬼の足音が聞こえてきました。」と放送がかかると、一瞬にして緊張の表情に。隣のクラスから聞こえてくる叫び声に、今か今かと部屋の隅で震えている子も。部屋に鬼が入ってくるとあまりの恐さに「鬼は外〜!福は内〜!」を言うのをすっかり忘れるほどでした。でも、強い子が前に立ち怖い子を守ってくれ、怖い子も叫びながらもみんなでしっかりと豆をまき鬼退治をしていました。担任が連れて行かれそうになった時には、手を引っ張り鬼の前に両手を広げて守ってくれた子もいて、本当に頼もしくかっこよかったです。
みんなに退治された鬼はしっかりと終息宣言をして山に帰っていきました。最後には神楽の鬼も出てきて、その怖さにみんないい子でいることをしっかりと約束していましたよ。お家ではどんな豆まきになるのでしょうか。(Caki)
 
 



  2010年2月2日 火曜日

明日は、いよいよ豆まきの日です。「何時になったらくるの?」「私やっぱりホールに行こうかな…。」と、子どもたちはとてもドキドキしているようです。鬼のお面や豆を入れるコップを作り、鬼に立ち向かう準備はバッチリですが…心の準備がまだの子が多いようです。
お面作りでは、「恐い感じに作ろう〜。髪の毛多くしようかな。」と楽しんで作っていました。他にも今日のあひる組の作戦会議で「金棒を作って戦う!!」という意見が出たので、牛乳パックなどで金棒を作る子もいました。黒や青の折り紙を回りに貼って強そうな金棒が出来ていました。作戦会議では「恐い人は後ろに隠れて後ろからまめをまく」「鬼にこちょこちょ攻撃をする」など色々な意見が出てきました。明日、実際にはどうなるのでしょうか…。
本物の柊の葉を探して持って来てくれたNちゃん。みんなは、これであひる組には鬼が入ってこないと大喜び!職員室にもおすそわけすることになり、みんなで届けに行きました。職員室のドアにも貼ってもらったので、これで安心です。明日はみんなで勇気を出して、鬼退治頑張るぞ〜!!(Monroe)
 



  2010年2月1日 月曜日

 
節分が近づいてきました。子どもたちは2月3日まで、心が休まらないようです。
せめて自分たちも鬼になって怖さを吹き飛ばそう!!と鬼のお面作りをしています。
年長組は、張り子でお面をつくりました。何度も重ね重ねのりを付け、その上からちぎった折り紙を貼るという根気のいる作業!
しかし、その作業を終えると、のりが固まってしっかりとしたお面が作れます。
できあがると嬉しそうで、「他のクラスに見せに行ってくる!!」と張り切って出かけていきますよ!
みんなが驚いてくれるので、とっても得意そうな年長の子です!!
「強そうな鬼を作ったから、みんなで安全地帯のホールに行かずお部屋で豆をまいて、自分の弱い心の鬼をやっつけよう!!」と意気込んではいるのですが・・・。
どうなるのでしょう!!2月3日、自信満々の顔で家に帰るか、鬼退治のことは聞かないで・・の顔で帰るのか!お楽しみに!(Y4)