トップページ > きままにーあれ?これ?







<<前の月     2007.02     次の月>>



 


『 はなを くんくん 』
(ルース・クラウス=ぶん マーク・サイモント=え きじま はじめ=やく 福音館書店)
※写真は出版社の指示に従って掲載しております

寒い寒い冬の日、ちっちゃなかたつむりも大きなくまもみんな雪の下の穴の中で眠っています。
だけど、だけど、みんな目を覚ましました。くんくん・・・はなをくんくん、のねずみもくまもかたつむりもりすもやまねずみもはなをくんくんしながら駆け出します。
みんなが止まったところにちいさな一輪の花・・・もうすぐ春です。
単色の絵の中に一輪咲いた黄色い花。この花は何でしょう?日本なら福寿草?外国なら雪割草?みんなの心の中にある花でしょうか。
春を待つ想いがやさしく描かれています。


  2007年2月28日 水曜日

 
おひなまつり会を目前にして、年長の劇遊びに リキ がはいります。
年長くらいになると、作って、演じて、自分が楽しみたいだけでなく「見てもらいたい!」という気持ちも沸々と湧いてくるようです。
そんな劇遊びを覗いてみました。このクラスは『おおかみと七ひきのこやぎ』をするようです。舞台の真ん中で演じているこやぎ達の後ろで、密かに演じているのが 「時計」 そう、こやぎが逃げ込む時計です。
両手を動かし針になる子、ゆらゆらゆれて振り子になる子・・・なりたくて出来た時計役だそうですが、なかなか渋い役どころです。
手に白い粉をぬって、こやぎたちをだますくだりは、軍手をはめて「ハイ、この通り!」いたるところに年長らしい工夫が見られます。
当日どれだけ大爆発してくれるか楽しみです。( E r i )
 
 



  2007年2月27日 火曜日

 
春は出会いと別れの季節、とよく言いますが、ひと足早く、ひよこ組では一つ別れを経験しました。今日お引っ越しで退園されたAちゃん。朝一番に保育室にきて、しばらく一人で朝の支度をしたり、園庭を眺めたりしたあと、ぽつんと一言、「もうお家の中はからっぽなんよ」。その言葉がとてもせつなかったです。。
ひよこのみんなには数日前にAちゃんのことを伝えました。「別れ」の実感の湧かない子どもたちは、「Aちゃ〜ん、明日もおままごとしようね。お母さん(役)やってもいいよ。」とニッコリ。
いよいよお帰りの時。みんなで描いたAちゃんの絵をプレゼントしました。一人ひとり握手をしたのですが、連絡帳を配り終えた瞬間、みんながワッとAちゃんにかけよって、何度も握手をしました。それを見て思わず目頭が熱くなりました。
ひよこのみんなももうすぐ年中さん。Aちゃん、一緒に進級できないのは淋しいけれど、お引っ越ししてもお元気で!(Marilyn )
 
 



  2007年2月26日 月曜日

 
昨年の9月に行われたバザーの収益で、素敵な書棚を買っていただき、劇団風の子の劇も見せていただきました。
それだけで充分なのに、今日はまた素晴らしいプレゼントが職員室に届きました。
いちごのショートケーキにチョコレートケーキ、かごいっぱいのパンとドーナツ、鮭入り弁当、おむすび弁当、サンドイッチに野菜果物・・・よだれが出てきそうなものばかりです。
職員室に差し入れ?違います違います、、全部フェルトで出来た子どものおもちゃなのです。
そのほかにもトラックや魚釣りゲーム・・・書ききれないほどのおもちゃが全部子どもの手にやさしいフェルトで出来ています。
教職員全員口々に「家に持って帰りた〜い!」と同じ事を言います。駄目ですよ、子ども達の宝物になるのですから。
一つ、一つ作ってくださったバザー委員さんのお気持ちに感謝感謝です。
( E r i )
 
 



  2007年2月23日 金曜日

 
今日はかもめ組、ひよこ組のおひなまつり会の予行練習を行いました。朝の外遊びを終えると、すぐに衣装の着付けが始まりました。青や赤、ピンクなど色鮮やかな着物や衣装を前に、子どもたちもワクワクした表情です。着物を着た女の子はちょっぴりすまして、歩き方まで何だか違うようです。いつもは戦いごっこの大好きなAくんも、今日ばかりは「俺、かっこいいなぁ〜」と自分の姿に見とれていました。
会の流れがうまくいくか、緊張の連続の私をよそに、子どもたちはいつも保育室でしているおひなさまごっこそのもので、とても楽しそうでした。合奏やうたも、たくさんのお客さんを前に堂々とできました。
当日は、雰囲気もまた少し違って、子どもたちの様子もどのようになるか分かりませんが、楽しみながらステージに上がれるといいな、と思います。(Marilyn)
 
 



  2007年2月22日 木曜日

 
今日はつぐみ組、あひる組、ひばり組の予行練習をしました。
年少さんはきれいな着物を着ておひなさまを踊ります。小さなひな人形さんたちが踊る姿はとてもかわいく、お客さんての子どもからも「かわいいね♪」との声があがっていました。
年中はブレーメンの音楽隊の舞踊劇、年長はおむすびころりんの劇をします。年中の子どもたちは、客席を忘れ背中を向けるほど劇遊びを楽しんでいたようです。年長さんは台本から踊りまで子どもたちと作っていくのですが話がおもしろく、踊りもストーリーにもピッタリでさすが年長さん!でした。それに小道具も工夫されていて、劇中に出てくる“おむすびマシーン”は本当にすごいんですよ!
歌や合奏などをし、一番最後に全員でフィナーレをして終了です。
ステージに上がり緊張顔の子もいましたが、みんなとってもいい表情をしていました。3月2日の本番をお楽しみに…☆(Chaki)
 
 



  2007年2月21日 水曜日

 
今日は本年度最後のオープンガーデン。ポカポカ陽気で心もポカポカ、思いきり遊びました。
いつも話題になる絵の具のお部屋、今日も年長さんが 絵の具屋さん をしてくれています。お世話好きの年長さんのおかげで、絵の具のお部屋はいつもスムーズでした。
今日は、最後の絵の具やさんです(写真右手)。それをじっと見ていた年中さん(写真左手)、次に絵の具のお部屋に行ってみると、見よう見まねで 絵の具やさん をしていました。
立派な跡継ぎが出来たようです。ちょっぴり寂しくて、ちょっぴり嬉しい春の一日です。( E r i )
 
 



  2007年2月20日 火曜日

 
つばめ組・こばと組の予行練習が終わりました。
こばと組はお部屋でもおひなさまごっこ大好きで、着物を着るとますます可愛いひな人形になっていました!初ステージでもあり、お客さんを前にドキドキが伝わってくるようでしたよ。つばめ組は、さすがです!ステージ上でも年長組の貫禄たっぷりでした。フィナーレではこばと組もしっかりリードしてくれましたよ。ステージの上で堂々としているお兄さん、お姉さんに目も口も丸くしてすっかり見とれるこばと組でした。(Y2)
 
 



  2007年2月19日 月曜日

 
牛乳パック二本を重ね安定を良くして、それをピンにみたて、クッキーの丸い缶をころがして、 ボーリングゲームが始まりました。「わあ、おもしろいね。」「いれて。」
とお客さんが増えてピンを並べ直すのが大忙し。「年少さんは難しいからもっと前から投げさせてあげようや。」
「うん、年中ラインと年少ラインをつけたらいいよね。」と立ち位置をビニールテープで貼っていました。
先日は粘土でお寿司屋さんをしてお客さんをよんで楽しそうでした。 憧れの年長さんの影響がいっぱいです。(SIGEKICKS)
 
 



  2007年2月16日 金曜日

 
暖かい日が続きます。おひなまつり会の予行練習を来週に控えて、配役も決まり、ひよこ組のおひなさまたちも段々と熱が入ってきたようです。今日はホールで、実際に本番で使う扇子や笛、太鼓を持ってステージに上がりました。「すげ〜、かっこいいなぁ!」 五人ばやしや仕丁の男の子たちは小道具を見て、さらにやる気アップ。役になりきって力強く踊ってくれました。
踊りが大好きな女の子たちは、自由遊びの時間でも練習に余念がありません。お互いに振りを確認したり、お客さんになってみたり、日々おひなさまごっこを楽しんでいます。
保育室もおひなさまの折り紙製作が始まり、すでに作り終わってもたくさん作って、ミニおひなさまを作る子もいます。段々春らしくカラフルになっていくひよこ組、おひなまつりが楽しみです。(Marilyn )
 
 



  2007年2月15日 木曜日

 
今日はポカポカいいお天気でしたね!
先週からお部屋では劇あそびをしながら大道具づくりが始まりました。製作大好きの子どもたちはやる気満々で楽しそうに分担して作っていました。「あれもいるじゃん!ダンボールちょうだい!」と組み立ててくっつけて、絵の具塗りもみんなでするとあっというまに完成!「足で塗ると気持ちがいいよ!」と、とても楽しそうに作っていました。
まずは形から入るようです。
当日をお楽しみに… (ikko)
 
 



  2007年2月14日 水曜日

 
春の嵐?暖かいけど、風が吹き、シトシト雨が降る一日になりました。外遊びが出来ないこんな日はホールで遊びます。
つぐみの女の子たち、小さなフープに一人ずつ入って汽車ごっこ。前後のフープを握っていないと脱線してしまうので、なかなか大変です。
前のお友達のフープを持って、後ろのお友達を気遣いながら、発車オーライ。
 先日はみんなで一生懸命 絵本 を作っていました。
泣き虫が多くて夏まで落ち着かなかったこのクラスの成長が本当に嬉しいです。( E r i )
 
 



  2007年2月13日 火曜日

 
お絵描きを楽しみながら、片手にはブロックを組み立てた「電話」を持って、なにやら話しています。そぉ〜っと聞いてみると・・・「うん、うん、そうなのよ〜!」と、お母さんのまねっこをしているんです。
おままごとでも、「もぉ〜っ!」とばらばらになった上靴を直していたり、「もうすぐごはんだから待ちなさ〜い!」なんて言ってる声も聞こえてきます。
子ども達って、見ていないようでよ〜く見ているんですよね!小さなお母さんたちを見ていると微笑ましいです。(Y2)
 
 



  2007年2月9日 金曜日

 
これ、何だと思いますか?
“おすびころりんマシーン”です。ひばり組は、おひなまつり会で「おむすびころりん」をします。
台本よりも先に、どうやっておむすびを転がすか…で もちきりになりました。「坂にしたら、転がるじゃん!」と、第一機ができあがりました。
…が、どうしても穴の途中で止まってしまいます。改造開始。 さぁ、どうするのかな〜と見ていると、「分かった!坂を何段階かにするんよ」とダンボールを少しずつづらして、重ねていました。
「転がった〜」見事完成!色も塗って、穴らしくなりました。今は、いろんな物が転がっています。
さて…劇遊びの方は、まだまだドタバタです。日に日に、変化して楽しんでいます。(Y長)
 
 



  2007年2月8日 木曜日

 
今日から年中組の絵本の貸し出しがスタートし、初めて子どもたちたけで絵本を借りに行きました。
「今日絵本を借りに行く日よね??」朝からと待ち遠しそうな子どもたち。貸し出し時間になると「いってきま〜す♪」と手さげ片手にあっという間に出かけて行きました。自分で好きな本を選んで借りられるのがとっても嬉しかったようで、みんな大満足な顔で帰ってきました。「これにした〜!」「鬼が出てくるのにしたんよ!」と借りてきた本を見せてくれ、すぐに開いて読んでいる子もいました。何を借りようかと選ぶ表情は真剣そのもの。貸し出しカードに題名を書いてもらい絵本の部屋は小さな図書館に大変身していました。(Chaki)
 
 



  2007年2月7日 水曜日

 
オープンガーデン積み木の部屋は、人数も10人ぐらいで、落ち着いて遊んでいました。
「こっちの積み木とこっちの積み木あわせようや!すごい高くなってきた〜!」と、いろんな積み木を組み合わせてタワーを作っていました。
学年ごとにしかない積み木もオープンガーデンの時には大集合するので、色んな組み合わせで楽しめたり、クラスで遊ぶ時より高いタワーが出来るのでそれも楽しいようです。
今日は、未就園のお友達も遊びに来てくれて、「ここの部屋は、〜の部屋だよ」と優しい声をかけてくれる子もいましたよ!!(Y4)
 
 



  2007年2月6日 火曜日

 
子ども達はなりきりごっこが大好き!
只今、白雪姫ごっこが流行中です。「かっこいい冠を作ろうや。」「王子は剣も持ってるよね。」
腰に広告で作った剣をさし、勇ましく王子が登場!
魔女に毒リンゴを食べさせられてばったり倒れてしまった白雪姫おを助けるシーンが大好きです。
そして、白雪姫と王子とのダンスがかわいい!シャルウイーダンスみたいです。
楽器遊びも楽しそうです。(SIGEKICKS)
 
 



  2007年2月5日 月曜日

 
節分の鬼は遠い遠い山の奥に帰っていったでしょうか?
立春の昨日は本当に穏やかな一日でした。今朝幼稚園に来てみると、梅の花が二輪開いていました。結構な古木ですが、今年もつぼみをたくさん付けてくれています。
「今年も梅ジュースが飲めるかな〜?」は少々無粋な発想ですね。
春の訪れを心待ちにしながら、子ども達は大きくなっていっています。年少さんも、お当番の仕事をしっかりこなしています。
年長さんとのランチ会も始まりました。職員室で園長たちとお弁当を食べる事は子ども達にとって、ドキドキするくらい楽しみな事のようです。もちろん職員室組のわたしたちもですが・・・。
一つ大きくなる春もすぐそこまで来ているようです。( E r i )

(ランチ会の様子は「ひみつ・・」のほうでご披露します。お楽しみに)
 
 



  2007年2月2日 金曜日

 
遠い遠い あっちの山 から、今年もまた 奴ら がやって来ました。奴ら・・そう怖い怖い鬼たちです。毎年毎年懲りずにやってきます。今年は4匹のオス鬼です。この4匹かなり強面です。
必死に戦うしかない!・・・はずなのに、なななんと三分の一以上の園児が遊戯室の安全地帯に避難しているではないですか。作戦はどうなったの?!年少の中には5人しか残っていないクラスも。
そんな中、勇敢にも鬼に向かっていく子ども達が今年もいましたよ。もちろん大事な大事な担任を連れて行かれては困るからです。
他の子ども達も泣きながら、叫びながら、拾っては投げ、投げては拾い、必死に豆を投げ続けました。そして壮絶な戦いの結果今年も子どもたちの大勝利となりました。
鬼が帰る段になって安全地帯から出てきて「人間なんだから・・・」という子の多いこと。「よーし、その言葉しっかり覚えておくぞ」。来年こそは、逃げ込まずにしっかりと戦っていただきましょう。
鬼さん達、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね。(O)
 
 



  2007年2月1日 木曜日

 
いよいよ明日は豆まきです。
年長組は「はりこ」の鬼のお面をづくりをしました。根気のいる作業でしたが、「こわーい鬼を作ろっ!」と一人一人違った個性的な鬼ができました。豆袋もつくり、みんなで作戦も考え、準備は万端!あとは鬼を待つのみです。
経験のある年長組とはいえ、「あ〜2月になってしまったー。鬼が来るのやだな〜。作戦失敗したらどうしよう。。。」とちょっぴりドキドキしている子もいるようです。
「俺たちが守ってやるから大丈夫!」と言ってくれた男の子たち。明日、子どもたちの表情がとっても楽しみです。(ikko)