トップページ > きままにーあれ?これ?







<<前の月     2006.11     次の月>>



 


『 ボーン 』

おもちゃデザイナーか、積み木パフォーマーか、はたまた漫画家か・・・。数々のお顔をお持ちの 相沢 康夫さん の積み木です。
その名も ボーン。ご本人は蝶ネクタイのつもりだったとか、子どもにとってはどう見ても 骨 ですよね。
斜めに一個ではたたないけど、支え合うとちゃんとたつよ、という素敵な積み木。
百町森で、サインを入れていただき、相沢さんから直接購入させて頂きました!!
積み木はもちろん、ボロボロになってもサイン入りの紙箱は我が園の お宝 です。



  2006年11月30日 木曜日

 
「ゆびに こうやってやるの やりた〜い」
どこで見かけたのか・・・こばと組でも指編みが始まりました。小さい手に、毛糸をかけて編んでいくのは大変です!「あれっ!?」「どうなっとるん??」ふと目を離すと、毛糸がぐるぐる巻きになっていたり、手から外れていたり・・・まだまだ大騒ぎですが、ちょっとずつ長くなっていく毛糸を見てとっても嬉しそうです。お母さんのネックレスやマフラーを作ろうとしている子もいますよ。
・・・しかし、そこは年少組。外遊びが始まると「外行く〜!」「つみきしよっかな〜」と、遊びたいことは盛り沢山。無事に完成するのでしょうか。。。(Y2)
 
 



  2006年11月29日 水曜日

 
作品展が終わってますます子ども達の製作意欲は勢いづいて来たました。
担任はそろそろクリスマスモードに入って欲しいな〜と思いながら、クリスマスの歌を歌ったり童話を読んで、誘っています。
先日、お母さんのコーラスを聴いてドレミの歌がブレイク中です。
体ごと震わせながらミュジックベルでドレミの歌の音楽会。
「お星が光る」や「ジングルベル」もなんとなくそれらしく聞こえてくるぞ〜(SIGEKICKS)
 
 



  2006年11月28日 火曜日

 
たくましい年少シリーズ その2

つぐみ組が外遊びから帰って来ました。玩具を片付け手と足を洗った子どもから保育室に帰ってきます。担任はまだ外です。担任のいない部屋で子ども達はゲームを始めました
「ごきぶりでたぞ、アースでシュッ」ごきぶりになっった子どもがモゾモゾ床を這い「アースでシュッ」されると動いてはいけないゲームです。「だるまさんがころんだ」のごきぶりバージョン。
担任が帰ってくるまで何度も何度も仲良くやっています。そばでみていたフリーの保育者の出番はありません。幼稚園になじむのに時間のかかる子どもが多かったつぐみ組ですが、担任と離れてのこんな遊び方をみていると子ども達の成長のすばらしさを感じます。

一方こばと組も負けてはいません。年長がしていたバスケットボール。見よう見まね挑戦し始めました。
これからが楽しみな年少軍団です。( E r i )
 
 



  2006年11月27日 月曜日

 
作品展の後の三連休あけ、その上 雨・・!
保育室の賑やかさが想像出来そうな日です。ところが、年少ひよこ組、今日はなぜか12〜3人揃って職員室前に登場。
小さな大工さんや花おはじきの紐通し、チェーンリングつなぎ、そして独楽、と遊びはそれぞれでしたが、職員室前でおとなしく遊んでおりました。
そっと保育室を覗きに行くと、トイレに入っているM君とHちゃん、担任、フリーの保育者とそれから遊び切った作品展の展示物が残されていました。さびしい!!
年少さんのたくましさにまたまた脱帽でした。( E r i )

 
 



  2006年11月23日 木曜日

 
今日はいよいよ作品展!小雨が降って、身が縮むような寒さとなりましたが、たくさんのお客様に来ていただくことができました。
毎日の保育の中で、子どもたちの手から生まれるたくさんの遊びを、どのように飾り紹介しようか、毎年保育者の頭を悩ませています。1年目の私にとっては、かなりの難題でした…。ひよこぐみでは、船ができ、大きな海ができ、小さな折り紙や飛行機が次々とできました。上手く飾る技術やセンスはまだまだですが、普段の子どもたちの遊びを少しでも手にとって感じていただけたのではないかと思います。
毎年恒例の、親子でのまつぼっくりツリー作りも大盛況でした。子どもたちと一緒に作るうちに、「いつのまにか私の方が夢中になってしまいました〜」とおっしゃったお母様も!材料をいろいろアレンジして、素敵なツリーが出来上がっていましたよ。クリスマスもまた楽しみになりますね。
作品展は終わりましたが、これからも子どもたちの遊びは続いていくので、一緒に遊び、感じ、楽しんでいきたいと思います。(Marilyn)
 
 



  2006年11月22日 水曜日

 
さあ、明日はいよいよ作品展。
作品展用に作った物は一つもないけど、それでも年長くらいになると『自分たちが作った物をみてもらう』という事を楽しみにしているようです。
最近は、保護者のみなさんも、自分の子どもの保育室だけでなくいろいろなお部屋を訪ねて下さるようになりました。ところが、一つ離れたところにある つばめ組 は時々忘れられてしまうよう・・・。
そこで、S矢君を中心に つばめ組案内板 を作りました!それぞれの保育室はクラスカラーで示してあります。階段があって、玄関があって、職員室があって、その隣の青いところが つばめ組 です!!
みなさ〜ん、案内板に沿ってつばめ組にお越し下さい。
その途中には、園内見取り図 もございます。芝生のまわりがいつの間にか、三輪車周回コースになっています。
子どもが写っていない二枚の写真ですが、子どもの輝きは伝わるのではないでしょうか。( E r i )

 
 



  2006年11月21日 火曜日

 
子ども達の創作意欲は部屋でも外でもぐんぐん高まっています。
部屋中、おもちゃ箱をひっくり返した様に、思いのつまった作品がいっぱいです。
どの子もじっくり取り組む目は真剣そのもの。
「ロケット出来たよ〜。」
外ではどんぐりや木の葉を使って綺麗なケーキの出来上がり〜。
「あ〜、面白かった。明日も続きしよう。」
明日は何が出来るかな〜。(SIGE×2)
 
 



  2006年11月20日 月曜日

 
作品展が近づくと保育室の中は、大変な事になります。
子ども達はあまり作品展を意識していませんが、普段より沢山ある材料(空き箱や廃材)や普段よりたっぷりの自由遊びの時間のおかげで、保育室は大小さまざまな作品であふれます。
船が出来たり、家が出来たり、お店ができたり・・作っては遊び・遊んでは壊しを繰り返しそれはそれは楽しいのですが、大きな作品に保育室は占領され居住空間が狭くなります。
このクラスは空き箱や廃材入れはもちろん、手提げ袋入れも廊下に追いやられてしまいました。
昼食の机を並べるのもままならず、ままごとの小さな机も出動です。
これがなかなかの人気。この机が取り合いになることも・・・。
なんだか 三丁目の夕日 の食卓みたいですね。( E r i )
 
 



  2006年11月17日 金曜日

 
昨日に引き続き、年長組は今日も美味しい日でした。
ここまでたどり着くには、長〜い道のりでした。みんなで育てたお米は、4合強ありました。今回は玄米で食べることに!見慣れない茶色いお米。みんなの口に合うでしょうか?
田村先生のお料理教室!…といっても、スイッチオンするだけですが。子ども達の真剣な眼差しは、かわいかったです。炊きあがる香りに、お腹の虫もソワソワ。
「いっただきま〜す」「おいし〜!!」「いつものご飯よりおいしいよ!」なんて声も聞こえたほどでした。
もちろん完食!秋の実り、しっかりいただきました。
実は、お米の苗を下さったTくんが家で育てていたお米もくださいました。残り2合は…芋がゆにと計画中です!(Y長)
 
 



  2006年11月16日 木曜日

 
今日はとってもおいしい日。「何の日?」と子どもたちに聞くと「焼き芋パーティー!!」と嬉しそうな返事が返ってきました。
園庭に用意されたたき火の中にアルミで包んだお芋を1人ずつ入れていきます。「熱っ!」とドキドキしながらも、そ〜っとコロコロと入れていました。あとは焼けるのを待つばかり。お手伝いのお母様方が一生懸命仰いだり焼け具合を見て下さっている間、子ども達も「燃えろ!燃えろ!」と応援(?)していました。
焼きたてのお芋はホクホクで甘くてみんな大喜び。「これすっごいおいしいよ♪!!」と、芝生に座り幸せそうな顔でおいしそうに食べていました。(Chaki)
 
 



  2006年11月15日 水曜日

 
今日のホールは、素敵な歌声に包まれていました!!なぜなら今日は、コーラスサークルのお母様方による♪ハッピーコンサート♪が行われたのです。
普段子ども達が幼稚園で歌っている歌や、みんなの大好きなアニメの歌などを歌われていたので、子ども達も一緒になって元気に歌っていました。特別ゲストも来て子ども達は大喜び!!私もお母様方の“サザエさん姿”には見入ってしまいました(笑)とってもステキでした☆
工夫を凝らした演出も素晴らしかったのですが、やはり歌声が最高でした。とても“ハッピー”になれました(^_^) (Monroe)
 
 



  2006年11月14日 火曜日

 
こばと組にも、芸術の秋がやってきています。
大・中・小、様々な形の空き箱。牛乳パックやサランラップなど、ただの空き箱と侮ってはいけません!子ども達の手にかかれば・・・
大きな箱は、つなげて電車に!・・・ところが、たくさん箱をつなげて長〜くしたい子、乗って本物のようにシュ シュ シュ〜と動かしたい子。思いは色々あるようで、壊れては直して・・・を繰り返しています。
小さい箱も、思い思いに組み合わせて遊んでいます。自分の頭や手、足に合体させてロボットを作った子もいましたよ。(Y2)
 
 



  2006年11月13日 月曜日

 
ごちそう作ってレストランごっこ、動物作って動物園…、いろいろ遊びが広がる粘土です。今日はカブトムシ・くわがた等、昆虫が勢揃いしていました。
「俺のは、ヘラクレス!」「こっちは、おおくわがた」いまにも動き出しそうな、昆虫たちでしたよ。
昼からは、恐竜作りに変わっていました。「ティラノザウスルで〜きた!」にっこにこ顔の横で…「恐竜分からん」と難しい顔をしている子を発見。
「図鑑で調べてみようよ」と誘う友だち、さすが年長さん…と思わせる一幕でした。(Y長)
 
 



  2006年11月10日 金曜日

 
作品展まであと10日余りとなりましたが、ひよこぐみはマイペースに日々の遊びを楽しんでいます。今日は朝から、男の子たちによる電車作りが賑やかに始まりました。これまで個人がそれぞれ作って遊んでいたのですが、電車は初めての共同作品?です。「俺ガムテープ貼るけえ、ここ持っとって。」と、リーダーシップを取るのはNくんです。
ガムテープを手でちぎるのは年少さんにとってなかなか難しく、くっついたり細くちぎれてしまったり・・・それでも一生懸命つなげるSくん。今日は折り紙を貼ってライトのようなものもできました。
「よしっ、出発!!」その途端、電車は真っ二つに離れてしまいました・・・(涙)。毎日つなげては壊れ、の繰り返しですが、子どもたちにとっては魅力たっぷりの遊びのようです。これからもどんな遊びが生まれるか、とても楽しみです。
( Marilyn )
 
 



  2006年11月9日 木曜日

 
Yくんたちが空箱でカブトムシを作ったのをきっかけにつばめ組に昆虫館ができました。バッタ・クワガタ・へび・サソリ・こうもりまでいるんですよ。それぞれのお部屋があり、”さわれる昆虫館”なので、昆虫に触ったり、えさをあげることもできます。
今日もたくさんのお客さんが来てくれました。「へび触れる?こわくないよ。」と声をかけたり、首に巻いてあげたり、「えさもあげてみる?」という場面も見られ、お客さんも大喜びでとっても微笑ましかったです。子どもの発想には驚かされてばかりです!明日はどんな微笑ましい場面が見られるかな〜?(ikko)
 
 



  2006年11月8日 水曜日

 
昨日の木枯らしもどきには驚かされましたが、連日のポカポカ陽気に誘われて外遊びが盛んです。
「T先生〜!」と可愛い呼び声がするので振り向いてみると、遊具の小さな穴から可愛い目と鼻がのぞいていました。
あまりにもおもしろい風景だったので、「待って待って、今カメラ持ってくるからね。撮してあげるからね」と言って職員室からカメラを持ち出し戻ってみると・・・・、
小さな穴から、小さな足が覗いていました!
顔は3人分でしたが、足は2人分。一人の子は小さな穴から足を出すのに難儀をしていました。体が柔らかくないと出来ないウルトラC(古い!)のようです。
しかしまあ、おもしろい事をしてくれるものです。
体の柔らかい(?)いたずらっ子は・・・・この子たちです。( E r i )
 
 



  2006年11月7日 火曜日

 
実りの秋、美味しい秋は続きます。
今日は楽しみにしていたお芋掘りを近所の畑でさせて頂きました。
作ってくださった地主さんの説明を聞き、両手で土の中をしっかり掘っていくと、「出てきたよ〜。」「真っ赤だよ〜。」「見てみて、お芋の家族みたい。」
「いっぱいつながってるよ」あちこちで歓声が上がっていました。全園児で247キロの大収穫でした。
Nさんいつも有り難うございます。今夜は、てんぷらかな、スイートポテトかな?焼き芋大会も楽しみです。(SIGE×2)
 
 



  2006年11月6日 月曜日

 
芸術の秋も深まっています。
年長組では、先月から裁縫セットを出しています。ぬいぐるみ、バックいろいろ縫っていますよ。くま、うさぎ、ポケモン…、出来上がったぬいぐるみで、ごっこ遊び。バックには、お財布を入れてお買い物!「お寿司屋さんいってきま〜す」自分で作った物には愛着があるようです。
バックにも、ポケットがついたり…、どんどんバージョンアップしています。糸通しも出来るようになってきました。
指編みもちらほら始まったようです。朝夕寒くなりましたもんね…。(Y長)
 
 



  2006年11月2日 木曜日

 
いいお天気の中、園庭での外遊び。今日は、”むっくりくまさん”をしている子ども達が、かわいかったので、カメラを向けました。
円の真ん中にいるのが、クマの子で周りのみんなが歌をうたいます。歌が終わると真ん中のクマは動きだし、周りの子を追いかけて捕まえます。捕まった人が次のクマの子・・というルールでしています。
私が入らないと楽しめなかったのに、「次は、ぼく捕まえてよ!」「わ〜!クマが来たよ〜」と言いながら子ども達だけで楽しんでいるのを見て淋しいような嬉しいような気持ちになりました。
お部屋の中でも、友だち同士で遊べることが多くなりました!!魚釣りは私が頼んで入れてもらっているくらいです。。(Y4)
 
 



  2006年11月1日 水曜日

 
来年度新入園児募集のこの日、大人達のハラハラドキドキをよそに、子ども達はいつも通りオープンガーデンを楽しみました。
園庭の端ではかもめ組を中心に年長もまじって 花いちもんめ を始めました。 ♪かーってうれしいはないちもんめ♪
本当に懐かしいフレーズです。私も子ども時代、もう50年近く前に楽しんだ遊びです。 ♪どのこがほしい♪ と相談する時は、自分になったらどうしよう・・、とちょっと緊張したものです。
かたや、木の下のバスケットゴールでは、ダンクシュートの練習です。しっかり背の届くゴールでも一応 リング はつかみます。NBAの長身の選手のまねでしょう。よく見ているものです。
子ども達の遊びも 温故知新(?) です。

ハラハラドキドキの新入園児募集ですが、年中は定員一杯、年少は一人を残してほぼ定員となりました。
いつもいつも支え応援して下さる皆様に感謝いたします。ありがとうございました。( E ri )