トップページ > きままにーあれ?これ?






<<前の月     2005.12     次の月>>



 


『クリスマスの まえのばん』
(クレメント・ムア=詩。ターシャ・テューダー=絵。中村妙子=訳。偕成社)
※表紙写真掲載にあたっては出版社の許諾を受けております

聖書学の教授クレメント・ムアの 詩 にターシャ・テューダーが 絵 を描いた絵本。 幻想的な 詩 と 絵 から、クリスマスの 荘厳さと喜びが伝わってきます。同じ 詩 をロバート・サブダは  POP-UP で飾りました。サンタクロースも現代版になっていますが、ペーパークラフトの素晴らしさから、クリスマスの荘厳さは充分に伝わってきます。 両方並べて見せながら読むと、子どもたちの目が輝きます。 写真でお伝えできないのが、残念。ぜひ、見にいらして下さい。



  2005年12月22日 木曜日

 
昨日のクリスマス会で二学期は無事終了しました。今日は昨夜からのドカ雪に震えながら大掃除です。
保育室の中のものを全部だし、掃除・ワックスがけ・・・。二学期の楽しかった思い出だけを残して、みんなきれいにします。
子どもたちのいない保育室は静かですが、やっぱり寂しいですね。
三学期にそなえて、私たちはもう数日仕事をしますが、『きままに〜』は冬休みにしようと思います。
九月に立ち上がったホームページ。「今日は誰が書いてくれるゥ?!」と毎日叫びながら、なんとかみんなで四ヶ月間つなげてきた『きままに〜』です。
来年も途切れさせないよう続けていきたいと思っています。(E r i)
☆メリー・クリスマス!☆ そして みなさま、よいお年をお迎え下さい。
(教職員一同)
 
 



  2005年12月21日 水曜日

 
「今日はサンタさん来るかね〜??」と、朝からウキウキの子どもたち。今日はクリスマス会。年中・少さんはリボンのついたケープを、年長さんは博士や天使などの衣裳を着てページェントをしました。
毎日歌を口ずさみながら、心待ちにしていたページェント。たくさんのお客さんの前で、ドキドキしながらも堂々と舞台に立っている年長さん、大きな声で説明を言っている年中さん、ケープ姿で楽しそうに歌っている年少さん。
そんな子どもたちの姿に、見ているこちらは思わず胸がいっぱいになりました。
その後は、子どもたちが待ちに待ったサンタさんの登場です!トナカイ便で届けられたたくさんのプレゼント。
子どもたちは、満面の笑みでサンタさんにお礼を言い「来年もいい子でいるよ」と嬉しそうに約束をしていました。(Chaki)
 
 



  2005年12月20日 火曜日

 
「二学期はいろんな事があったけど何が楽しかったー?」
「運動会!」「遠足!」「おでんパーティー」「焼き芋」
「そうだ、先生、三学期はカレーパーティーもあるんよね〜」「そうだね。みんなで作って食べるのおいしくて楽しいもんね」
話はやはり食べることに流れて大盛り上がり。
「明日はクリスマス会だから、お部屋をきれいにしようか」「うん、大掃除をしよう!」まずは道具入れの棚を雑巾でふき「床もふこうよ」「この前した雑巾がけレースみたい」とお仕事もだんだん遊びに発展!
♪♪今年の汚れ、今年のうちに〜♪
遊んでいるうちにピカピカになりました。
明日はうれしいクリスマス会です。サンタさん来るかな?楽しみです。
(SIGE×2)
 
 



  2005年12月19日 月曜日

 
いよいよ、もうすぐクリスマス会。あと○日でページェント本番だね!やプレゼント決めた〜と、クリスマスに向かって子どもたちの気持ちも盛り上がっています。
そんな中、ロバート・サブダのクリスマスポップアップ絵本第2弾!「クリスマスの12にち」を読みました。CDから流れるリズムに合わせて1日目、2日目、3日目・・・12日目と色々な動物が登場していきます。「それに1わのやまうずら〜」と、自然と口ずさんでしまうぐらい楽しくなる音楽にのって絵本から飛び出してくる動物をとっても楽しそうに見ていました。見ると本当に心がウキウキするような絵本でした!(読んだ後からも「今の歌、もう1回流して〜!とリクエストが殺到!1わのやまうずら〜」と大合唱でした)(Y2)
 
 



  2005年12月16日 金曜日

 
昨日、年長さんが準備してくれた大根に、こんにゃくと練り物を加え、クツクツ煮込んで『一晩寝かせたおいしいおでん』が出来上がりました。
朝から幼稚園はおでんのいいにおいがただよい、「おはようございます」の代わりに「おいしそうなにおい!」「楽しみ〜」という声が行き交いました。
お誕生日会の出し物にも おでん が登場し、気持ちは最高に盛り上がります。
さて、いよいよお昼ご飯。ほっかほっかおでんを食べている‘おいしそうな顔’は 今度 ひみつのとびら で紹介することにして、今日の主役は おでん にしました。もう一枚は昨日年中さんが食べた 粉ふきいも。食べる事大好きの井口台シオン幼稚園です。( E r i )
 
 



  2005年12月15日 木曜日

 
9月のはじめにまいた小さな種がぐんぐん成長し、こんなに大きな大根になりました。
畑に行く度に「芽が出て来たね」「はっぱが大きくなったね」「土からむっくり大根の顔が出て来たよ〜」と楽しみに水やりをしていました。
「何にして食べようか」「おでんがいいね」
雨が降り雪が降るとますます大きくなって来たので、今日は2人で1本ずつ大根抜きをしました。
「どれにしようかな」「これだ!えい!」「スポン!」思ったより簡単に抜けてびっくり。
きれいに洗ったらおでん用にちょっと厚めに切りました。
包丁を持つ手もだんだん慣れてきましたが、大根はかたいので真剣なまなざし。
切った後はさっそく職員室でおでんに煮込みました。「わあ〜いいにおいがする〜」明日はみんなでおでんパーティーです。「楽しみだな〜」(SIGE×2)
 
 



  2005年12月14日 水曜日

 
今日は、子どもたちが帰った後の幼稚園の様子Part3をお届けします。
ページェントの予行練習も終わり、クリスマス会はもうすぐです。子どもたちは胸はドキドキ、楽しみにしています。保育者達は、サンタさん同様、さまざまな準備で大忙しです。
子どもたちがページェントで着用する衣裳を、かわいい姿を思い浮かべながら、一枚ずつていねいにアイロンかけをします。ケープのリボンは、全て新しいものに作り直します。その横では・・・12月の誕生会のリハーサルです。これもお楽しみに・・・。
こんな様子で、保育者達も力を合わせてがんばっています!!!(H美)
 
 



  2005年12月13日 火曜日

 
今日はクリスマス会の予行練習でした。初めて、衣裳を着ての降誕劇。どの子も衣裳を着て嬉しそうです。いつもと違う雰囲気の中練習が始まりました。
降誕劇を初めて見る年少組の子は…、自分たちの聖歌隊の出番よりも年長組のお兄ちゃんお姉ちゃんの姿に釘付けです。その真剣なまなざしがとってもかわいかったです。予行練習にも関わらずみんなよくやっていたと思います。
保育室に帰って、「みんな上手にできていたね。」と私が言うと、にっこり顔の子ども達!そんな時、A君がひと言「みんなが頑張ったから、サンタさんが雪のプレゼントをくれたよ。」
ふと外を見ると、雪がチラチラ降っていました。(Y長)
 
 



  2005年12月12日 月曜日

 
9月に植えたジャガイモ、大きく成長したので、今日掘ることにしました。いつ掘れるのか、外で遊ぶ前に、畑をのぞきに行くのが日課になっている子もいるくらい、楽しみにしていました。まず、女の子から掘ることにしました。最初は控えめに掘っていた子も、たくさんの芋が出てくると大興奮で、芋を探していました。次に男の子は、女の子の掘っているのを見ていたので、さらにやる気満々!!腕まくりもして、必死に掘っていました。大きな芋に小さな芋、おいしそうな新ジャガがたくさん掘れましたよ!!今度は、年中さんで、粉ふきいもにして食べたいと思います。カレーには、皆さんにおすそわけしますので、粉ふきいもは、年中さんのお楽しみで!!ごめんなさい!!(Y4)
 
 



  2005年12月9日 金曜日

 
♪むかし、ユダヤの人々は 神様からのお約束・・・♪ 今日は舞台ではじめて年中組年長組が一緒にページェントの練習をしました。
いつも元気な子も神妙な顔をして「静かな夜のお話しじゃけえ、静かにやろうや」と舞台裏にスタンバイします。
小さい組の時から、「私は天使、ぼくはひつじ飼い」と心に決めていた子も多く、一生懸命の気持ちが一言一言にこめられています。
「今度はきれいな衣裳を着てしたい」「どの衣装にしようかな〜」とじっくり選んでいました。「あれ、もう天使の衣裳に着替えている子も!!」
うれしそうな顔がまるで本物の天使みたいでした。(SIGE×2)
 
 



  2005年12月8日 木曜日

 
昨日のフェンスの写真に「これじゃ、匠の仕事はわからないな」と園長がクレーム。
では・・と撮り直したものの、なかなか苦労のあとは写りません。元のフェンスが1m80p、その上に1m20pのネットをたし、それでも足らずにもう1m20pを付け足したのです。計4m20pのフェンス。こうしてみると一見電線にも届きそう。これを越えたらやはりもう‘ラグビー’でしょう!
かくして、今日もまたサッカー。保育者も仲間に入れてもらったようですが、ジュニアオリンピック・国体入賞など数々の記録を持つ彼女でさえ、子どもたちの動きにはついていけず、ただただ、足手まといになっていたようです。ワールドカップ出場も夢ではない子どもたちです。(E r i)
 
 



  2005年12月7日 水曜日

 
久しぶりのオープンガーデン、そして久しぶりのぽかぽか陽気に誘われて年長の男の子たちはサッカーを始めました。
ひばり組から火がついたサッカーブーム。どうやら今日はつばめ組とのクラス対抗のようです。
しかし、(写真にはメンバー全員写っていませんが)どうみても両チームとも‘イレブン’より多い。
ボールを奪い合うエネルギーはすさまじく、力余って、ボールが道路に飛び出す危険があるため、道路側のフェンスは、我が園の匠の手によってまた、1メートル高くなりました。これまで越えてしまうと、本当に‘フィフテーン’によるラグビーになっちゃいますよ・・・。(E r i)
 
 



  2005年12月6日 火曜日

 
寒さの到来と共に今クラスでは指編みの人気がピークを迎え、何人かが集まってあっちでもこっちでもおしゃべりを楽しみながらせっせと編み続けている姿が見られます。11月に入ってすぐ始めて今もずっと続けている子がほとんどなのでみんなとっても長い!!なので、ふんですべったりしないよう1人1つずつ紙袋を持ち(写真を見てみて下さいね)その中に編めたマフラーを入れ持っているんですよ。
今1番長い子でなんと30メートル!!!(ぐるぐる巻くとオシャレな座布団のようですよね)私が「どのくらいになるかね?」と聞くと「まだまだずっとするもん」とにっこり☆今年の冬が終わる頃には幼稚園1周できるかも!?なんて思ったりしています。(Y3)
 
 



  2005年12月5日 月曜日

 
天気予報で雪マークが出ていましたが、まさか!こんなに積もるとは思いませんでした。
園庭は辺り一面雪景色。雪に足を入れるのがもったいないくらいとてもきれいな雪が降り積もっていました。登園してきた子どもたちの目は輝き、さっそく園庭に出て雪合戦開始!雪をかき集めて、大きな玉をぶつけ合い、思いっきり身体を動かして遊びました。その横では、頭にバケツをかぶった大きな雪だるまがたくさん出来上がっていました。ころころ転がして少々泥だるまになっていましたが、目や口もつけて、みんなとっても満足そうでした。
たくさん遊び、お日さまも出たので、午後には雪が溶けていましたが、溶けかけた雪をバケツに入れて、かき氷やさんができていました。また明日も積もるといいね!(ikko)
 
 



  2005年12月2日 金曜日

 
幼稚園の玄関にはクリスマスツリーやイルミネーション、保育室にもアドベントカレンダーや飾りが毎日少しずつ増え、クリスマスを迎える雰囲気になってきました。
今日は「クリスマスの まえのばん」の絵本を読みました。お話しを聞きながら美しい景色やサンタクロースがとびだす絵本に心ワクワク。1ページめくる度に「すご〜い」とため息、そしてキラキラの目。
各保育室からはクリスマスページェントの讃美歌も聞こえ始めました。
みんなで楽しみにクリスマスを待っています。( SIGE ×2)
 
 



  2005年12月1日 木曜日

 
今日はツリーピクニックの日です。ツリーとは、アルパークのクリスマスツリーです。毎年美しい姿を見せてくれるツリーを見に行こうというのです。もちろん、歩いて です。
年少は年長に手をつないでもらって歩きます。往路は、下り道で途中には坂や急な階段もいくつかあります。「階段の途中でよそ見はしないように」とはいうものの、あまりの景色の良さについよそ見をしてしまいます。
最後の子どもたちが到着したのは、ツリーが光の祭典を見せてくれる1分前。まさに 滑り込みセーフ でした。
全行程所要時間は、約90分。年少も最後までしっかり歩きましたよ。
そうそう、ツリーの周辺に写っているのは、‘一般のお客様’ではなく、ほとんどがツリーならぬ我が子を見に来た‘保護者’の方です。(O)