トップページ > きままにーあれ?これ?






<<前の月     2006.3     次の月>>



 


『 遊  具 』

園庭の遊具、いわゆる 総合遊具 です。滑り台や坂のぼり、丸太橋、ネット渡り、一つ一つのパーツは既製のものですが、組み合わせ方は保育者たちで時間をかけて考えたオリジナルです。この遊具を知らずに卒園した子ども達も訪ねて来ては、何故か懐かしそうに遊びます。木の持つぬくもりのせいでしょうか。



  2006年3月31日 金曜日

 

毎月コツコツと積み立てをして、今年もまた、職員旅行に行ってきました。
今回の目的地は有馬温泉。戻り寒波の影響で、震えながらのイルカショーや雪の六甲山でしたが、食べてしゃべって、心はあったか!
チームワークの良さの秘密は、こんなところにあるのかも…
今年度の事は思い出の宝石箱にしまって、気持ちを切り換えて、また新しい年度の始まりです。
よろしくお願いします。(E r i )

 
 



  2006年3月23日 木曜日

 
今日は、来年度入園の子どもたちの三回目の体験入園と保護者説明会です。
今まで、一緒に遊んだり、お弁当を食べたりして、一歩一歩幼稚園に馴染んでもらっているので、今日始めてお母さんたちと離れてみました。
あ〜ら、大変! 黙々と遊ぶ子どももたくさんいますが、お母さんを追って、泣く子 叫ぶ子・・・。保育者の両手・両膝は、常に涙涙の子どもたちに占領されていました。
例年のごとく、こんな風景からまた新しい年度が始まるのでしょう。
子どもたちのいない春休みは、お伝えしたいことも少なくなるので‘きまま〜’も休みがちになると思います。
時々のビックニュース(?)をお楽しみに・・・・。( E r i )
 
 



  2006年3月22日 水曜日

 

一年間の締めくくりとして、役員さんたちと教職員の反省会をしました。
反省会といっても、ケーキとお茶を囲んでの茶話会。おしゃべりに花が咲きました。
クラス役員、バザー委員、年長のアルバム委員、とそれぞれにお役は違っても 「楽しかった」 「ママの友達が出来た」 「達成感があった」 など、みなさん役員生活を楽しんでくださったようで、私たちも嬉しくまた、感謝でいっぱいです。
バザー委員さんはバザーの日にご紹介いたしましたので、今日は、一年間支えてくださった、クラス役員と、まだまだお仕事が残っているアルバム委員をご紹介します。(お休みの方がいらっしゃるのが残念です)
一年間ありがとうございました。( E r i )

 
 



  2006年3月20日 月曜日

 
今日は、終了日でした。ホールで大きくなったことをみんなで喜び、新学期の担任の発表がありました。あれ?樋口先生が呼ばれない!!と不安そうな子どもたちに、「幼稚園を卒園して、結婚する」ことが伝えられました。結婚という言葉は、子どもたちには少し難しかったようで、いなくなるんだ、寂しいという顔でした。寂しくなるけど、樋口先生は、きっとみんなのことを忘れないでしょう。ホールでも、お部屋でもしっかりお別れしたようです。同期の私としては、と〜っても羨ましいです!!幸せそうな樋口先生を見ていると、私も幸せな気分になります。どうぞお幸せに〜!!(Y4)
※春休みに入りますので更新が不定期になります。
 
 



  2006年3月17日 金曜日

 

昨日の大雨がぴたりとやみ、ポカポカのお日さまが顔を出しました。そしていつもよりとてもおすましの67名全員が揃い第20回保育証書授与式が行われました。
静かに席につき、一人ずつ壇上で保育証書を受け取る姿はとても立派で大きく見えました。一緒にご起立下さった保護者の皆様もきっと感動で胸いっぱいだったことでしょう。
心も身体も大きく成長するこの時期にご一緒させていただくことが出来て、私達もとても幸せだなといつも思います。
「よろこびの歌」「蛍の光」で涙にじむ卒園式の後は有志の方が企画されたお別れ会がありました。
園生活の思い出ビデオ、子どもたちへのクイズ、お父様お母様のダンス等盛りだくさんの楽しい会をありがとうございました。シオンの子どもたちの元気の源はやっぱりこのお父様お母様だな〜と感心しました。
「ご卒園おめでとうございます」「またいつでも遊びに来てくださいね〜」
(SIGE×2&Y2)

 
 



  2006年3月16日 木曜日

 
今日は、年長さんと一緒に出来る最後の合同礼拝です。
後側に整列する年長さんは、やはり堂々と見えます。今までいっぱい助けてくれてありがとう。
「今度は、僕たち、私たちが引き継ぎます!」と、年少さんは年中に 年中さんは年長になる進級式も一緒に行われました。
園長に呼ばれて、一人ひとりステージの前に出て行きます。ハラハラ・ドキドキちょっと緊張です。大好きなお友達と一緒に呼ばれた、仲良しのお友達と離れた、など子どもの心にもいろいろな思いがあるようですが、それでも目出度く初顔合わせが終わりました。
どんなクラスになるのでしょうか?
修了に向けての寂しさの中で、次につながる慶びを見つけました。(E r i)
 
 



  2006年3月15日 水曜日

 

一日、また一日と大切な時が過ぎていきます。
年長さんは園内めぐりをしてみたり、運動会で踊ったダンスをしてみたり、と幼稚園生活の思い出を辿っています。
しかし・・、年中さんには思い出にひたる暇もないくらいの大事な仕事があるのです。
まずはかもめ組、卒園式の時、ベルやリズム楽器で『ほたるの光』を演奏し年長さんを見送ります。
あひる組は、入園式の日、合奏や歌『きみたち今日からともだちだ』で小さな仲間を迎えます。
今日はエール交換で、お互いの演奏を聴いてみました。2クラス共、堂々としていて、立派でした。
かもめさん、あひるさん、当日はよろしくお願いいたします!!!( E r i )

 
 



  2006年3月14日 火曜日

 
朝から「早くお弁当を食べた〜い」「お腹すいた〜」
そうです。今日は幼稚園生活最後のお弁当の日でした。ふたをあけると 「ボリス弁当」「そつえん弁当」「にがお絵弁当」「1年生弁当」等、ひと工夫の作品もあり「わぁ〜おもしろいね」
「毎日どんな顔をして お弁当を食べてるのかな〜とお母さん達も楽しみにお弁当を作って下さったんだよ」
「お母さんのお弁当おいしかったよ。ありがとう!」とお手紙を書いた子もいました。
「小さなお弁当箱にいっぱい栄養と愛情をつめ込んで下さりありがとうございました」

ひばり組は好きな所で、つばめ組はパーティー型で楽しく食べました。
(SIGE×2)
 
 



  2006年3月13日 月曜日

 

いよいよ、卒園式も間近に迫ってきています。
今日、ひと足早く年少組・年中組さん達がお別れ会を開いてくれました。温かい言葉と歌のプレゼント。じっと聞いていた年長組の心の中には、これまでの色々な出来事が巡っているのかなぁと思いながら、みんなの表情を見ていました。さらに、年中組さん手作りのメダルを首にかけてもらってすごく嬉しそう!そうして、部屋へ戻ると・・・今度は「おかえしをしてあげよう!」という事になりました。折り紙でほし箱やくわがたを折ったり、手紙を書いて「これ、みんなによんであげてね」と年中の先生に渡している子もいましたよ!
(「かもめさんにしかえし〜」と言っていたK君。張り切る気持ちはよ〜く伝わってきますが・・・惜しいです?!) (Y2)

 
 



  2006年3月10日 金曜日

 
部屋では、何度も何度も「そんごくう」が流れて、まだ劇ごっこは続いています。しかも、お客さんに見てもらいたいと思っていたようなのですが、「見て〜」といいに行く勇気もなく、部屋だけのステージになっていました。ところが昨日、年少組さんから、うれしいステージの依頼が!!あひるの子ども達大喜びやる気満々です。見てくれた年少さんの顔も真剣でした!年長さんも見に来てくれて、後ろで一緒に踊ってくれました!その後に年少さんが「おひなさま」を、年長さんが劇を見せてくれ、見るだけでなく参加okのおひなまつり会ごっこでした。みんなに見てもらえた事でますます劇ごっこが楽しくようで、部屋ではまた音楽が鳴り放しです!!(Y4) 
 
 



  2006年3月9日 木曜日

 

今日はクラス懇談会がありました。
一人一人のお母様の子育てへの思い、子どもの成長等感動するお話しがいっぱいでした。
子どもの成長と共に自分自身も成長し親になっていく気がするとも。
そして子どもだけでなく親同士のつながりにも温かさを感じました。
やっぱり子どもは地域で育てていくんですね〜。
子どもたちは今日も残り少ない時間を惜しむように外では勝つまですもう大会や大はないちもんめ、遊戯室ではホール全体が舞台の「エルマーのぼうけんごっこ」をしてダイナミックに遊んでいました。
またまた振り付けも新しくなっていておもしろいな〜。(SIGE×2)

 
 



  2006年3月8日 水曜日

 
昨日は、かもめ組のクラス懇談でした。その間、かもめ組の子どもたちは、あひる組で待っていました。積み木や折り紙など、思い思いに遊んでいましたが、しばらくして、この間あひる組がおひなまつり会で使った「そんごくう」の如意棒や金の輪などの小道具がそのままになっていたのを見て「先生、これ使っていい??」と、そんごくうごっこが始まりました。「音楽つけてみようか?」と音楽をかけると、自然にやりたい役が決まり、踊りも体の動くままに好きに楽しそうに踊っていました。「次はなんの役にしようかな」「もう一回したい」なんて、アンコールまで飛び出しました!!いろんな交流あってこそ、こんな楽しい遊びができるのだと思います!!とってもかわいかったです!(Y4)
 
 



  2006年3月7日 火曜日

 

今日はお別れ遠足。昨日の雨で井口台公園のすべりだいやブランコの下は水溜まりが出来ていました。
しかし、予備日の天気予報も雨・・・。今日行くしかない! と朝一番に水溜まりの水をバケツでくみ出し、雑巾でふいて、環境を整えました。
三段に分かれた広い 台公園 での遊びは「よく、疲れないな〜」と感心するほど。ご想像が付くと思います。
そして・・そして、帰りの時、今までどこに行くにも年少さんの手をつないで歩いてくれた年長さんに代わって、今日は年中さんが手をつないでみました。
年長になって、小さな仲間の面倒をみる修行です。第一関門は上手にクリアー。立派なエスコートぶりでした。
園庭でお弁当。全園児で食べるお弁当は楽しくて、おいしかった!( E r i )

 
 



  2006年3月6日 月曜日

 
先日、無事に終わったおひなまつり会。その余韻を感じながら、年長組最後の折り紙製作「おひなさま」作りをしました。千代紙や折り紙を工夫して、自由に作っていいよ!という事で・・・
折り紙の本を開いたり、年中組の頃にしたのを覚えている友達に聞いたりとそれぞれの方法で挑戦しています。今までの折り紙製作では「分からん〜!」「先生!こう?こう?」とひと折りする度に大騒ぎだった子どもたち。友達と相談したりしながら自分の力で取り組む姿を見て、これまで1年間の成長をしみじみと感じてしまいました!!(Y2)
 
 



  2006年3月3日 金曜日

 

今日は おひなまつり会 本番。
年少組のお遊戯 おひなさま を軸に三部に別れてのステージです。
クラスカラーが出て、それぞれ楽しかったのですが、やはり見せ場は年長。
自分たちで全部作った劇(つばめ・さるかに合戦、ひばり・エルマーのぼうけん)や 歌、メロディオン演奏に力を見せてくれました。
歌 「きみとぼくのラララ」(つばめ) 「さよなら ぼくたちの幼稚園」(ひばり)には、やはり涙・涙の大人達でした。
また、一つ感動をくれて、ありがとう〜!( E r i )

 
 



  2006年3月2日 木曜日

 
♪あかりをつけましょ ぼんぼりに〜♪かわいい歌声がお部屋の中から聞こえてきます。明日はいよいよおひなまつり会です。
最後のホール練習になったのは、年長のひばり組さん!自分たちで作った小道具を選んだり、ナレーターの男の子はマイクの調子を確認したり、みんなの準備の時からからとっても楽しそうです。
さあ「エルマーのぼうけん」のはじまり、はじまり・・・。子どもたちは自分たちでつくりあげた劇の中で、自分の役になりきって、歌ったり踊ったり、みんなが力を出し合って表現していました。
今の年長さんが、小さくてかわいい年少の頃、年中の頃を見守ってきた私は、じ〜んと熱いものがこみあげてきました。
明日はお父さん、お母さんの前で、胸を張って演じることでしょう。ワクワクドキドキとても楽しみです。(H美)
 
 



  2006年3月1日 水曜日

 

もうじき年中少さんは、進級ですね。この時期担任は来年度のクラス編成のことで頭を悩ませます。
今日は年中も年少も、ひとつのパターンのクラス編成で礼拝やゲームをしました。
保育者達は「どうかな〜」と子どもたちの様子に真剣です…。
一方子どもたちはそんなことおかまいなしに交流を楽しんでいます。
さぁ、どんなクラスになるのでしょうか?これからまだまだいろんなパターンで頭を悩ませていきます。
子どもたちはそろそろ進級に胸を膨らませ始めているようですよ。不安半分、期待半分、なのでしょうね。(Y長)